プログラマーの言語需要

プログラマーとして活躍している方は、同じ仕事をしていてもどういった業種で仕事をしてきたかによって必要となる言語が異なってきます。そのため、転職をする際には、どういった言語が必要となる業種なのかもあらかじめ確認しておくことが必要です。足りないスキルであれば、新たに言語を取得する必要が出てきます。

では、プログラマーが転職をする際に求められる言語別需要をご紹介しましょう。まず、どういった言語を求めている求人が多いかというと、javaやC等の言語スキルを求めている求人が多い傾向にあります。これらの言語は、多くの求人で求められるスキルとなっているためこれらの言語取得をしていれば転職先は見つけやすいと言えるでしょう。

しかし、最近ではPHPやPerl、scala、Pythonといった言語を求めているWEB系プログラマーの求人も増えてきています。HTML5、CSS3といった言語を使用するフロントエンド系プログラマー需要も高まってきていますから、多くの言語を身に付けていくことで、より転職の幅を広げることが出来るでしょう。そして、フレームワークやSDKといったプログラミングを行う際にツールを用いるケースも増えてきており、ケースによっては様々なスキルが求められています。

求人をチェックする際には、事前に必要となるスキルなども細かく確認しておくことが必要となるかもしれませんね。プログラマー転職を考えている方は、今身に付いている言語と、足りない言語などを確認していくことも大切。当然、使える言語が多ければ多いほど、転職時に武器となり、転職の幅も広げることが出来ますから、新たに言語を学んでいくことも大切でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です